So-net無料ブログ作成

神々の黄昏

140425.jpg
Canon EOS7D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

日が暮れる頃

原生林の奥から声がする

「ボーボー」 「ウー」

かつてコタンクル・カムイ(アイヌ語で村を守護する神の意)と呼ばれた

シマフクロウのつがいだった

空が赤く染まるのを2羽の神様はどう眺めていたのだろうか



いろいろな鳥たちがみれて楽しいですねぇw


nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 27

コメント 8

(。・_・。)2k

お~ 生で見てみたいものですね
いいな~

by (。・_・。)2k (2014-04-26 01:55) 

はる

わ~2羽並んでほほえましいですね(^^)v
夜は星空が見えるかな、会話が聞こえてきそうです。
by はる (2014-04-26 09:24) 

HAL

木彫りのフクロウとか、服の模様にもなってたなー
神様だからなんだ!

by HAL (2014-04-26 10:56) 

achami

シマフクロウかぁ〜。
確かに神々しいね^^
by achami (2014-04-26 16:11) 

selybar

コタンクル・カムイのつがいが黄昏時に鳴き交わし、これから食餌活動が始まるのですね。
木の下は川ですか?
シルエットが良いですね。

by selybar (2014-04-26 18:23) 

まつみママ

拝見した途端 目が釘付けになりました
夕の 素晴らしいい彩 そして 互いに向き合うフクロウのつがいに
すっかり魅了されました 素敵なショットですね
何度 見直しても 感嘆!  とってもお気に入りな一枚です^ 
by まつみママ (2014-04-26 19:10) 

gillman

一度フクロウに触れて見たいです。鳥のあのふんわりとした手触りと、手から伝わってくる高い体温が子供の頃から好きです。

by gillman (2014-04-27 23:42) 

ふじかわ

2kさん>最近、鳴き声をよく耳にするんですよねw運よくみることができましたw

はるさん>なかなかそろってるところを見る機会はないんですよねw

HALさん>神様ですねw

achamiさん>とても素敵な時間でしたよw

selybarさん>川は近いですけどねw木の下ではないですw

まつみママさん>なかなかこんな出会いはないですからねw

gillmanさん>シマフクロウは日本に140羽しかいないですからねw天然記念物なので、触れられないですねw
by ふじかわ (2014-04-28 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。